虫歯治療・歯周病治療・小児歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント・口腔外科・
ホワイトニング・入れ歯・歯科恐怖症外来のことならお任せください

船橋 歯医者/歯科|ベリーデンタルクリニック 土日も診察

お問合せ
京成船橋・JR船橋・大神宮下 徒歩5分 TEL:047-409-7717
■住所:船橋市本町4-34-15 1F
■診療時間:10:00~13:00 14:30~20:00
■土日~17:30 ■木~18:30 ■休診日:祝日

ブログ
BLOG

カテゴリ: 症例集

歯と歯の間の虫歯(隣接面カリエス)

平成23年10月28日

今日はなかなかご本人では気がつきにくい虫歯の状態の患者様がご来院されました。

痛くなく、腫れもない状態でしたが、時々しみる事があり食べ物が詰まる事もあるという状態でした。

特別痛みがないので、今まで歯科医院を受診されてこなかったという事でした。

下の画像のように上の歯で噛み合わせる歯の面はご本人では虫歯の有無を普段からチェックする事は大変難しいです。着色とは違う色がついてきたり、食べものの小さいかすが詰まる等の症状がありましたら、できるだけ早く受診してチェックをしてもらった方が良いかと思われます。

下の画像は上の画像の歯の内側から方向を変えて撮影した写真です。歯と歯の間に黒く虫歯になっている状態がわかります。この隣接面カリエスとよばれる状態はなかなか最初は自覚症状がでにくいのです。

年に数回を定期検診としてクリーニングや歯ぐきの状態のチェックと同時に細かくこの隣接面カリエスがないかどうかもチェックしております。

普段の予防法としては普段の歯磨きの習慣以外に1日1回は必ず歯間ブラシや特にデンタルフロス(糸ようじ:歯と歯の間に糸を通して清掃するもの)を使用される事をお勧め致します。

当院の予防歯科でも個人個人歯の状態は違われますので、その方に合った予防法の指導もさせていただいておりますので、何かございましたらお気軽にお尋ねください。

投稿日:  カテゴリ:むし歯(ムシ歯、虫歯)

 

アマルガム修復材

平成23年10月27日

今日は今ではほとんど歯科治療剤としては使用されなくなったアマルガム修復治療をコンポジットレジンと呼ばれる強化プラスティックで置き換える治療をしました。

アマルガム修復剤にて治療された歯は保険適応の銀歯に見た目は似てますが、アマルガム修復材は銀と鈴を混ぜて水銀を最後に入れて混和します。

歯との接着性がないため水銀が溶け出すとその隙間から虫歯になったりして不具合を起こします。

下の画像は本日にアマルガム修復材を除去してコンポジットレジン修復材にて治療させていただきました。

除去すると虫歯が少し深いところまで広がっていました。

虫歯を完全に除去した後レジン修復しました。

強化プラスティック修復材もメリット、デメリットがありますが、虫歯になっている歯面が1面のみであまり深くなければ、適応しても問題ないかと思われます。

定期的にその歯がしみたり、噛み合わせて違和感がないかをチェックする必要があります。今回とても綺麗になったとよろこんでいただきよかったです。

投稿日:  カテゴリ:むし歯(ムシ歯、虫歯) and tagged

 

ブリッジ治療

平成23年10月26日

本日はブリッジと呼ばれる治療が必要である患者様の処置をさせていただきました。

ブリッジとはその言葉のように橋をかけるという意味で、下の画像のように抜歯を行って歯を失った場合にその両脇の歯を利用して処置を施します。

歯を削らなければ行けませんが、インプラント(オペ処置)や入れ歯(出し入れする義歯)等の他の処置を選択されない場合に用いられる処置です。

それぞれの処置にメリット、デメリットはありますが、いかにデメリットの条件を材料選択にて取り除いていくかが鍵となります。

保険で適応できる前歯に関してのブリッジの材質は銀合金(12%パラジウム、銀約50%、その他)とプラスティックです。ブリッジ処置は歯ブラシがなかなか隅々まで届きにくいので、再度虫歯などに羅患して再治療になる事がしばしあります。また銀合金による腐食や変形などでも再治療になる事もあります。

これはプラスチックがプラークと呼ばれるネバネバした細菌の塊を付着させやすく、一度付着するとなかなか歯ブラシでは落ちにくくなります。

また銀合金の主成分が銀ですから腐食や変形等の耐久性に乏しくよく噛む力がかかる部位やお掃除がしにくい部位のブリッジ処置には歯科医院での専門のクリーニングが頻繁に必須となります。

全ての保険適応材料がだめな事ではありませんが、デメリットを取り除く為にプラスティックの部分をセラミック(天然の歯のような綺麗で審美的な面が向上される事だけではなく、プラークの付着がほとんどない)と50%から80%強の金合金(腐食や変形が少ないので耐久性が良い)で作成してもらうとブリッジの耐久性やデメリットが克服できると思われます。

上の画像は実際の上の前歯にブリッジ処置をセットさせていただいた画像です。

再治療にならないようにできるだけ長持ちさせる為にも、日々のお掃除と定期的なチェックそしてなによりもプロにる(歯科医院での)専門的なメンテナンスをしていかなければいけません。

投稿日:  カテゴリ:ブリッジ処置 and tagged , , ,

 

奥歯のズキズキした痛み(感染根管治療)

平成23年10月25日

今日は朝から季節外れに蒸し暑くお昼過ぎには27度まであがりました。

仕事中も少し汗ばむくらいでした。明日はまた急に寒くなり天気予報では10度近く下がり15度くらいまでしか気温が上がらないみたいです。

体調管理には気をつけていきたいと思います。

本日は昨日に初診としてご来院された患者様の歯のチェックと根管内洗浄を行いました。昨日は奥歯がズキズキ痛いとの事で歯の神経処置(感染根管治療)を行いました。

昨日までは頭痛までしてズキズキした痛みで大変なご様子でしたが、本日はなんとか落ち着いてこられたとの事で、こちらもその歯を抜かなくて保存治療ができそうなので、本当によかったです。

レントゲン画像からも白く映っている画面中央の歯の根の先の骨の周りが黒く透過しています。これは歯根の先の周りの骨の組織が膿で溶かされている状態です。

さらに活発になるとずきずき痛みだし、頭痛や発熱等を伴って夜寝れないくらいの痛みへと変化していきます。

昨日はそのような痛みを取り除くため、銀歯を除去して銀歯の土台を取り除き、過去に行っている神経処置のやり直しをしなければ行けません。画像にもありますが銀歯と銀歯の土台を除去すると奥から膿が湧き出てきましたので、痛みは徐々に取れる事を説明しました。

治療しても改善しない場合は歯を抜かなくてはなりません。今回は昨日の処置後に痛みも落ち着いてこられたのでこちらとしても歯の保存治療ができますので、本当に良かったです。

最後にまだ奥の炎症の内圧が高いので、膿み抜き用の滅菌綿栓で閉じて次回まで様子を確認します。

まだまだ油断を許さない状態ですが、患者さんも1日でお痛みがなくなってきたとの事で安心していただきました。

投稿日:  カテゴリ:神経処置(根管治療)

 

噛み合わせの治療1

平成23年10月20日

今日は噛み合わせ治療の患者様の治療をさせていただきました。

まだ途中の段階ですが、当初の噛み合わせからくらべると大きく変化された事が本日実感されていただいたと思われます。

画像のように当初は画面上2枚に写ってある状態で、左側の奥歯が上下で噛み合わせると波をうつような状態でした。画面下の2枚がまだ途中段階ですが、噛み合わせを修正した状態です。波をうつようなラインがきれいに修正されています。

このような状態だと噛み込めない状態だけでなく、上の入れ歯の痛みや破折などの不具合、長期間このままでいると肩や腰などの全身状態まで悪くなる事があります。

噛み合わせを正確に見る道具(咬合器)を使用して現状の状態から理想的な咬める位置を仮想して治療していきます。しばらく仮の歯や上の修理義歯を仮の入れ歯として使用して様子を見ていただきます。

ある期間使用していただき問題なければ最終的な治療を型取りして作成していきます。

本日はまだ途中段階ですので、この状態から模索して安定して咬める位置決めを次回から事細かく調整していかなければ行けません。

噛み合わせの治療は全ての歯を基本的に治療対象としていきますので個人差はありますが治療期間は長くなります。それだけ慎重にやらなければいけないので、自分の持てる技術を総動員して治療をしなければいけません。

本日はまだ仮の位置の段階ですが患者さんには噛み合わせが軽くスムーズになったと喜んでいただいたので良かったです。

投稿日:  カテゴリ:噛み合わせ治療(咬合治療)

 

親知らずの虫歯治療

平成23年10月19日

本日は朝から冷え込み風も冷たく秋らしい一日になりました。これからさらに乾燥してくるので、体調管理には注意していきたいですね。

本日は親知らずの虫歯を治療した患者様がご来院されました。いろいろお話をさせていただき保存してしっかり治療していく事になりました。

比較的その親知らずはメンテナンス(清掃状態を良好に保つ事が)よくできそうなので、古い強化プラスティックを外して中にできた虫歯の処置をして新しく強化プラスティックを歯の色に合わせて充填しました。

保存ができてとても綺麗な仕上がりに患者さんもとても喜んでいただき本当によかったです。

親知らずはときどき無理に残す事でお掃除が難しかったり、それによって歯周炎等を引き起こし周りの組織や他の残存歯に様々な悪い影響を及ぼす場合は保存せず抜歯が選択される事もあります。

患者さん個人個人によっても同じ条件でも違いはでますが、やはり保存しても何か違和感がでてしまうときは早めにかかりつけの歯科医師に相談される事をお勧め致します。

また今日はスタッフのうちの一人のすてきな誕生日をお祝いできました。

すてきなケーキをおいしく食べられてよかったですね!

Siーチャンこれからもサポートよろしくお願いいたします。!

投稿日:  カテゴリ:むし歯(ムシ歯、虫歯)

 

バルプラスト義歯(valplast denture)

平成23年10月17日

本日はバルプラスト義歯と呼ばれる義歯のセットを患者様にさせていただきました。

バルプラスト義歯は部分義歯と呼ばれる義歯に多く用いられている入れ歯です。保険適応義歯ではありませんが、入れ歯のピンクの部分が特殊な樹脂でできており、適度な弾性力があるため割れたりする等の破折がほとんどなく、ぴったりと吸い付くような装着感があります。

また保険義歯特有のバネと呼ばれる歯に引っ掛ける金属の輪が、バルプラスト義歯の場合はそのままとピンクの特殊な義歯でできているので審美的な面でも考慮されて作成されております。

特殊な樹脂のため装着した後は患者さんのそれぞれの歯ぐきの色に馴染んで自然が感じにみえます。そのため樹脂のピンク色の変色を防ぐためバルプラスト専用の洗浄剤を使用します。

バルプラストは日本で認定された専門の歯科技工士さんに作成していただくので、バルプラスト義歯の一つ一つにシリアル番号入りの保証カードがついてきます。

今日の患者さんも装着感と自然に見えるような仕上がりにとても満足していただいたのでよかったです。

投稿日:  カテゴリ:審美治療, 義歯(入れ歯)

 

咬耗の歯の処置

平成23年10月15日

今日は朝から雨と風が強かったです。南風を運んできているようで気温も高く蒸し暑かったですね。

そのような天候の中でも当院に来院されていただきありがとうございました。

本日は咬み合わせにより、歯の咬む面がすり減って神経がでてくるぐらいの状態までへってしまった咬耗の患者様の歯の処置を行いました。

咬耗は噛み合わせの強さや、癖、歯ぎしり、抜きっぱなしにしている状態の歯がある等いろいろな原因があります。

咬耗がひどくなるとそれに対する処置が必要になります。

食事中に痛みや知覚過敏等の症状が現れますので、すり減った部分に知覚過敏をブロックするコーティングのお薬や、場合によっては詰め物をしてカバーします。

それでもひどい状態の時には抜髄とよばれる処置(神経を取らなければ行けません)をします。

今回はすり減った部分にコンポジットレジンと呼ばれる歯の色に合わせたプラスティックを詰める治療を行いました。

神経処置までには行かないように今後噛み合わせの状態等を定期的にチェックしていきます。

投稿日:  カテゴリ:むし歯(ムシ歯、虫歯)

 

ホワイトニング

平成23年10月14日

本日、ホワイトニングチェックの患者様が来院されました。

歯の状況(組織構造、生まれもっての歯の質など)によって色の変化に個人差があります。

今回の患者様は前半よりも後半からホワイトニングの効果がでてきてくれました。

写真で見るよりも白くなってきたので良かったです。

何よりも知覚過敏などの症状がでなくて良かったです。

今回の患者さんはホワイトニングジェルの追加分も含めて約2週間ほど使用していただきました。

投稿日:  カテゴリ:ホワイトニング

 

神経処置の後

平成23年10月13日

本日はファイバーコアと呼ばれる歯の土台のお話をします。

通常神経治療が終了すると神経がないので歯がもろく壊れないように歯をかぶせます。

そして人工の歯をかぶせる前に歯の土台を作ります。

保険診療の範囲であればレジンコアと呼ばれる強化プラスティックまたは、銀の土台を適応しなければなりません。

しかし保険外診療にはなりますが、ファイバーポストと呼ばれるガラス樹脂繊維の柱を土台にして作成すると適度なしなりのある頑丈さが得られます。

神経治療した歯で多い事故に歯の根の破折がありますが、歯の根が折れてしまうと抜歯になる事がほとんどです。

ファイバーポストは歯の根を破折の予防を高めてもらえるので、結果的に神経治療された歯をできるだけ長く保存することができます。

投稿日:  カテゴリ:審美治療, 神経処置(根管治療)

 


診療メニュー

  • 虫歯治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 口腔外科
  • ホワイトニング
  • 入れ歯
  • 歯科恐怖症外来
  • 噛み合わせ(咬合治療)
  • 歯牙移植
  • 初診の流れ
  • 院内ツアー
  • キャンペーン
ベリーデンタルクリニック 京成船橋・JR船橋・大神宮下 徒歩5分 TEL:047-409-7717
■住所
:船橋市本町4-34-15 1F
■診療時間
:10:00~13:00

14:30~20:00

土日~17:30 木~18:30

■休診日
:祝日
アクセスマップ
船橋の歯医者/歯科 ベリーデンタルクリニック モバイルサイト