小児歯科

ベリーデンタルクリニックでは小児のお子様に安全でしっかりした虫歯予防ができるように治療プランを提供させていただいております。
大切なお子様のすてきな笑顔で来ていただけるようにスタッフ一同ご来院お待ちしております。

 

ベリーデンタルクリニックの小児歯科では虫歯の治療を永久歯に生え変わるまではなるべく乳歯に負担をかけないように銀歯ではなくコンポジットレジン(保険適用:歯と同じような色の白い強化プラスチック)にて治療させていただいております。

乳歯の奥の虫歯も綺麗に除去してあまり目立たないように白い詰め物で充填しました。

歯科恐怖症のお子様にも安心して治療に望んでいただけるように、治療ができるようになるまでトレーニングを行っております。歯科恐怖症のお子様のお悩みをお持ちの場合はお気軽にご相談ください。

小児のお子様の場合6歳前後から乳歯から永久歯に歯が生え変わります。
同じ時期に奥歯の6歳臼歯も生えてきます。

現存の乳歯も大切ですが生えはじめの永久歯は大人になった永久歯よりも何倍ものフッ素を取り込んでくれます。

そのため歯面にフッ素の塗布を定期的に行う事により歯質の強化ができます。
治療後は虫歯予防にフッ素の塗布と正しい歯ブラシの方法を学んでいただきます。
仕上げ磨きが必要なお子様をおもちの親御様にも正しいハブラシ指導をさせていただいております。

ベリーデンタルクリニックではフッ素塗布を無料で行っております。

 

小児のお子様の場合6歳前後から乳歯と永久歯との交換がはじまります。そのため乳歯がなかなか抜けきれずに後から生えてくる永久歯が既に出てしまったり、迂回して生えてくると歯並びや噛み合わせが悪くなり大人になってから全身に悪い影響が出たりもします。

下の図のようにお子様の歯ぐきに異常があればその乳歯の虫歯等の状態はもちろんですが、後から生えて来る永久歯の状態の把握(レントゲンなど)をすることによって歯並びや噛み合わせを悪くする予防にもなります。
そのためレントゲン写真等の結果によっては歯並びの不正や噛み合わせの異常がでないように乳歯を計画的に抜歯する事もります。

 

お子様の仕上げ磨き等で乳歯がある歯ぐきに炎症生の腫れなどがしばらく続いている時はレントゲンを撮影してその場所の乳歯のみならず、中の永久歯の状態もチェックします。

 

レントゲンでは歯は上の図ようにわかりやすくなく、右のように写ります。黄色で囲まれたの乳歯は虫歯もありますが、歯ぐきの炎症はそれだけが原因ではないのです。

 

実際のレントゲン画像では上の画像ではピンク色の歯肉の部分を取った状態で分かります。すると黄色で囲まれた乳歯のすぐ中に永久歯がでてきており、乳歯と永久歯との間で汚れがたまりやすいので、それが炎症となっている状態である事が分かりました。

すぐにその乳歯の抜歯をおこないその下の永久歯に悪い影響がでないようにします。

 

  小児歯科のパンフレット(PDF)を見る

実際に当院で小児歯科を受診された患者様の声をご紹介致します

電話でのお問い合わせもお気軽にどうぞ!0474097717

診療メニュー