虫歯治療・歯周病治療・小児歯科・予防歯科・審美歯科・インプラント・口腔外科・
ホワイトニング・入れ歯・歯科恐怖症外来のことならお任せください

ベリーデンタルクリニック

お問合せ
京成船橋・JR船橋・大神宮下 徒歩5分 TEL:047-409-7717
■住所:船橋市本町4-34-15 1F
■診療時間:10:00~13:00 14:30~20:00
■土日~17:30 ■木~18:30 ■休診日:祝日

歯周病治療
Perio

歯周病とは

歯周病は歯肉炎をともなった歯周病軽度、中等度、重度の段階があります。

歯周病は画像のように主な原因として

1 歯周病菌の増加ー歯周病にさせる細菌の数が増えて歯周組織を破壊させていきます。
2 間違ったブラッシングや歯ぐきのケアより、歯周病菌歯石が増加します
3 加齢により免疫力(唾液の量など)が低下し、歯周病菌が増加します。
4 生活習慣(定期的な歯ぐきケアやクリーニングなどの予防)をしない場合、歯周病が進行していきます。

このページのトップへ

歯周病菌や歯周組織の改善

それでは歯周病の原因である歯周病菌や歯周組織の改善を行う為には

1 定期的な専門家(歯科医院にて歯科医師や予防に従事している歯科衛生士)によるチェックをしてもらい、歯ぐきケアやクリーニングを行い、正しいハブラシ方法をみにつけてもらう。

2 患者様の状態にもよりますが、長期間歯科医院にてクリーニングなどをしてない場合歯石が歯周組織の奥深くまで沈着しています。それによって歯ぐきが引き締まらないので、表面的なクリーニングではなく、歯ぐきの奥にある歯石やプラークの除去を行います。専門的な歯周病の治療を行う事をお勧め致します。

3 各年齢や歯周病の軽度、中程度、重度にあわせた治療プランに従って予防をおこない、歯周病が進行しないように定期的に歯科医院にて予防をおこなってもらう。

4 患者さん自身にも生活習慣(一日のハブラシ時間、回数、間食の摂取、睡眠時間)などをできる限り改善していただき歯周組織も健康に保っていただく

健康な歯肉は上記の事をおこなうことにより上の画像のように引き締まってきます。

 

このページのトップへ

歯肉炎

歯肉と歯の間の境界線付近のプラークによる歯肉に限局された炎症で、プラーク性歯肉炎とよばれています。この炎症が深い歯周組織までいくと歯周炎(歯周病)とよばれます。

健康な歯肉は上記の事をおこなうことにより上の画像のように引き締まってきます。

左の画像は上下の歯にて、歯と歯肉の間のよごれ(プラーク)がぎっしり沈着していて指の圧迫やブラッシングで簡単に出血します。

正しいブラッシング方法と回数を身につけて、ブラッシングで落とせなくなったプラークは早めに(年2~3回)をめどに歯科医院にてクリーニングをしていただきす。

このプラークが深い歯周組織まで進行(歯周病)しないように予防してください。

左の画像は上の画像の上の歯です。

簡単なブラッシングで出血してしまいました。

正しい歯ぐきケアのやり方も指導して、実践される事で日々の歯ぐきからの出血が改善されて、血が出なくなります。

こちらの画像も一番上の画像の下の歯です。

歯肉炎が上の歯よりも著しいため指の圧迫で出血してしまいました。

まずは正しいブラッシング方法を身につけていただき、1日のブラッシング回数を増やす(食後に必ずブラッシングをする)ことからしていただきます。

このページのトップへ

歯周病軽度

下の図のように左側が歯石やプラークが付着している状態の画像です。
右側が除去後の画像です。そのまま放置しておくと歯周病がどんどん進行していきます

下のレントゲン画像は上のお写真のものです。左側はピンク色に歯ぐきをつけて加工してあります。
右側の画像にて隣同士の歯とそれを挟む骨とで囲まれた三角形のゾーンの大きさをいかに大きくさせないかが今後の歯周病の進行に関係します。
このゾーンにいつまでもプラークや歯石が停滞していると慢性的な歯周病へと進行していきます。

このページのトップへ

歯周病中等度

このステージに入ると歯周病軽度の段階と比べると見た目はあまり変わりませんが、レントゲン画像については歯周病軽度と比べて隣同士の歯とそれを挟む骨とで囲まれた三角形のゾーンが大きくなっております。

見た目にも歯と歯の間の隙間が大きくなってきているのがハブラシしながらでも実感できるほどになってきます。

歯石を除去しても歯周病中期では骨の解け具合によっては歯ぐきラインが健康なときよりもぐっと下がります。
そのままでいると歯ぐきの隙間や、さらに奥へ歯石の沈着が進行して微熱を呈するので、歯槽骨と呼ばれる骨の代謝がされなくなり、どんどん骨のラインが下がっていき、やがては歯を失う事もあります。

一刻も早く歯周病治療(歯ぐきの中のプラークや歯石の除去)を行い、終了後は予防プランに沿って定期的に歯科医院を受診されてください

このページのトップへ

歯周病重度

この段階に入ると抜歯する時期までどれくらい歯をうまくもたせてあげれるか、どの時期にうまくタイミングよく歯を抜歯して次の治療へ移行していくか等を考えていかなければいけません。
あまり抜く時期を極端に遅らせると本来抜かなくてもいい歯まで抜歯をしなければいけなくなる事ありす。


画面中央の画像は歯石を除去した状態です。なんとか保存ができそうですが、固定をして歯の揺れをなくして歯周組織に余計な力がかからないように歯周病治療歯(歯ぐきの中のプラークや歯石の除去)を行いました。

画面一番右の画像は約1ヶ月後に炎症がとれて歯ぐきの中の状態もひとまず安定しました。歯ぐきラインは引き締まっては来ましたが、歯と歯の間は大きな空間が空いておりこの場合は予防のクリーニングや歯ぐきケアのメンテナンスが月に一度は必須となっております。

しかしながら、歯周病重度の段階ではありましたがなんとか抜歯をせずに済みました。
今後のメンテナンスでさらに抜歯をしないでいかせる事も可能だと思われます。

下の4枚の画像はそれぞれの歯と歯周組織の状態の画像とそのレントゲン画像です
残念ながら上記の画像の症例とは同じ歯周病重度ですが抜歯になった症例です。

上の画像にもありますが歯肉が歯を拒絶するかのような腫れがあり、レントゲン写真では周りの歯槽骨と呼ばれる骨がほとんど残っておりません。消炎処置を行いましたが、腫れや痛みが取れず、残念ながら抜歯を行いました。

こちらの画像も歯周治療にて保存を試みましたが、歯周病の進行がかなり進んでおり、急性症状がなかなか引かないため残念ながら抜歯に至りました。

どちらももう何ヶ月か早ければともしかしたら保存できた可能性があるため、やはり定期的な歯科医院での健診やクリーニング歯ぐきケアを行ってください。

このページのトップへ

歯周治療

上の画像のように多量の歯石がある場合は歯ぐきケアを行い、歯肉の炎症が引いてきた後歯石を除去して、さらに歯ぐきケアを行いより、理想的な引き締まった歯ぐきにしていきます。

1 歯周組織の検査を行います。歯ぐきがどれだけ健康な状態かを歯周ポケットと呼ばれる歯と歯ぐきの間の溝を検査していきます。

2 レントゲンにより歯槽骨の状態を調べます。自分の歯を支えている歯槽骨と呼ばれる骨の状態により歯周病の軽度、中等度、重度などのどの状態に属するか、また歯ぐきの中の歯石の沈着が骨のところまで深く沈着していないかなどチェックしていきます。

3 生活習慣や正しいブラッシングのやり方やその患者さんにあったハブラシの選択、そして歯ぐきケアのやり方を指導させていただきます。

4 歯石除去、歯面クリーニング、歯ぐきケアを行っていきます。

5 歯ぐきの中にまで歯石がある場合は痛みの負担がないように麻酔をしてから治療をしていきます。

6 さらに歯周病の進行度によっては歯周外科と呼ばれるより専門的な歯周治療を行う事もあります。

7 歯周治療後にその患者さんにあった予防メンテナンスプランを提供させていただき、

定期的に歯周組織が健康に保たれるよう予防歯科を受診していただいております。

このページのトップへ

歯面清掃

かなりしつこく歯の面についたステイン(着色)はなかなか普通のクリーニングでは落とせません。

PMTC(プロフェッショナル、メカニカル、トゥース、クリーニング)とよばれる歯面清掃を行う事をお勧め致します。(保険適応外)

歯周病の治療が終了している人、虫歯予防、などが対象です。

上の4枚の画像はそれぞれPMTCにより細かいパウダーを安全に歯面に吹きかけてクリーニングを行い着色の汚れや、水垢みたいなしつこい汚れまでを確実に綺麗にします。

歯列矯正中の患者様にもおすすめです。

このページのトップへ

診療メニュー

  • 虫歯治療
  • 歯周病治療
  • 小児歯科
  • 予防歯科
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 口腔外科
  • ホワイトニング
  • 入れ歯
  • 歯科恐怖症外来
  • 噛み合わせ(咬合治療)
  • 歯牙移植
  • 初診の流れ
  • 院内ツアー
  • キャンペーン
ベリーデンタルクリニック 京成船橋・JR船橋・大神宮下 徒歩5分 TEL:047-409-7717
■住所
:船橋市本町4-34-15 1F
■診療時間
:10:00~13:00

14:30~20:00

土日~17:30 木~18:30

■休診日
:祝日
アクセスマップ